製品・サービス > CosmoRecorder
CosmoRecorder

■映像・音声・電気信号を同時記録する「CosmoRecorder」

CosmoRecorderは、複数チャンネルの映像・音声・電気信号を同時に記録(クロスメディア記録)することができるパワフルな記録システムです。(1)多カメラでの撮影記録、(2)長時間にわたる連続記録、(3)多チャンネルでの音声記録、(4)映像と電気信号の同時記録といった、家庭用ビデオカメラなどでは難しい高度な記録を実現するシステムとして開発されました。たとえば車両開発のための走行試験では、車両各部の動き、運転者の操作、走行音や風切り音、運転者の声、計器の表示内容、車両各部に取り付けたセンサの出力信号といったものを同時に記録しなければなりません。また動物の行動を観察する実験では、複数の方向から見た動物の動き、鳴き声、測定器の表示内容、実験装置に取り付けたセンサの出力信号といったものを記録する必要があります。このように多様な入力を同時に記録しようとすると、これまでは何百万円もする高価な機材を使わなければなりませんでした。

CosmoRecorderは、当社が各種カメラ応用システムの開発を通じて培ってきた高速多カメラ撮影技術をベースに、音声と電気信号の記録にも対応させた、フレキシブルなクロスメディア記録システムです。一般的なWindowsパソコンを利用し、特殊な機器を使わない設計として、高性能と低価格を両立させました。


(クリックして画面を拡大)

■CosmoRecorderの特長

上限なしの多チャンネル ソフトウェアにはチャンネル数の上限がありません(Uエディションの場合)。パソコンの性能さえ許せば、無制限にたくさんのカメラ・マイクロホン・センサ・スイッチを接続し、それらからの入力をまとめて記録することができます。
高速記録も長時間記録も 高速撮影性能に定評のある「TargetWatcher」や「瞬間ハンター」(いずれも弊社製品)と同じ記録アルゴリズムを 採用。充分な性能を持つ本体パソコンにインストールすれば、多カメラでの高速撮影記録も可能です。また映像を圧縮形式で記録する機能を持ち、これを使うと多カメラでの長時間連続記録も可能になります。
同期再生機能を搭載 データの記録機能だけでなく、再生機能も搭載しており、記録したすべてのチャンネルを同期させて再生することができます。時間範囲を指定して再生したり、コマ送りで再生したりすることも可能。さらにデータをチャンネルごとに分け、一般的な形式のファイルに保存することもできます。
  動画 →AVIファイル(Windows Media Playerなどで再生可能)
  音声 →WAVファイル(Windows Media Playerなどで再生可能)
  電気信号→CSVファイル(Microsoft Excelなどで利用可能)
誰でも使える簡単操作 取り扱い説明書を読む必要がないほど操作が簡単。どなたでもすぐに使えます。

■CosmoRecorderの画面例

《記録モード》


(クリックして画面を拡大)

記録モードでは、パソコンに接続した入力機器ごとにモジュールを作り、開始ボタンを押すだけの簡単操作で記録ができます。記録したデータは独自形式のファイルに保存され、CosmoRecorderで同期再生することができます。

 《再生モード》


(クリックして画面を拡大)

再生モードでは、独自形式のファイルに記録されたデータを読み出し、同期再生することができます。赤い縦線(カーソル)でデータの再生位置、白い帯でデータの再生範囲を示しています。

■CosmoRecorderで使用可能な入力機器

CosmoRecorderでは次の入力機器が使えます。

入力機器の種類 使用可能な入力機器
カメラ 各種のカメラ(お問い合わせください)
マイクロホン Windowsで使用可能なすべてのマイクロホン
センサ・スイッチ コンテック製の信号入力機器を介しての接続が可能なセンサ/スイッチ
絶縁型ディジタル入力モジュール 電圧出力型(5〜24V)のセンサ/スイッチ
非絶縁型ディジタル入力モジュール 無電圧接点型のセンサ/スイッチ
アナログ入力モジュール 電圧出力型(−10〜10V)のセンサ/スイッチ

■CosmoRecorderの用途

CosmoRecorderは、多様な入力の同時記録(クロスメディア記録)が必要になる、次のような用途に役立ちます。

自然現象の観察 動物の行動の観察
気象現象の観測
社会現象の観察 人の行動の観察
交通渋滞や人の流れの観察
イベントの記録
実験の記録 車両の走行実験の記録
動物実験の記録
その他 スポーツの練習
ダンスや振り付けの練習
職人技能の伝承

■使い方に合わせて選べる2エディション

CosmoRecorderには、フルスペックの「Uエディション」と、低価格の「Lエディション」の2種類を用意。使い方に合わせてお選びいただけます。「Lエディション」は、差額のお支払いによって「Uエディション」にグレードアップすることもできます。またこれらのCosmoRecorderで記録した独自形式のデータをどこでも自由に同期再生することのできる、無償の再生専用CosmoRecorderも用意されています。

エディション モジュールの同時使用数 価格(お問い合わせください)
Uエディション 無制限 標準価格
Lエディション 最大4モジュール 低価格

■ダウンロード

専用ソフトウェアは下記サイトからダウンロードしてお持ちください。OSはWindows XP以降(Windows 10、Windows 8、Windows 7、Windows XP)、64ビット版と32ビット版にに対応しています。

  32ビット版:CRSetUp32.LZH(4,154Kバイト)

   弊社サーバから

  64ビット版:CRSetUp64.LZH(5,043Kバイト)

   弊社サーバから

専用ソフトウェアを本体パソコンにインストールしてからの31日間は「お試し期間」となり、CosmoRecorderのすべての機能を無償でお使いいただけます。ただしその後も使い続けるには、ライセンスをご購入ください。

コンテック社製の信号入力機器をお使いになる場合、そのドライバを別にインストールする必要があります。こちらはコンテック社のウェブサイトから入手することができます。

トップページへ