製品・サービス > パーソナル製品 > ダイレクトメール
ダイレクトメール

複数の宛先に対して定形の電子メールを一度に送信するプログラムです。それぞれの宛先に別々の電子メールを送信しますので、宛先ごとに送信する内容を変えたり、宛先の電子メールアドレスを他の宛先から隠したりすることができます。企業での営業・販促活動だけでなく、サークルやコミュニティでの連絡にも活用していただける便利なツールです。

■特長

複数の宛先への
個別送信
宛先ごとに1通ずつ電子メールを送信するので、一般的な電子メールプログラムの同報送信機能と異なり、受信者に「あなたのために特別に送られた電子メール」という印象を与えることができます。
ファイルの添付 電子メールにファイルを添付することができます。
差し込み 件名や本文を宛先ごとに変えることができます。受信者の名前を記すことにより、親近感のある電子メールが送れます。添付ファイルを宛先ごとに変えることもできます。
レポート 指定したファイルに送信記録を書き込むことができます。宛先ごとの送信履歴管理も簡単です。
同報メール 指定した電子メールアドレスに同報の電子メールを送信することができます。



ダイレクトメールのウィンドウ(クリックで拡大)

■ダウンロード

ダイレクトメール(パーソナル版)のダウンロードは、次のいずれかのサイトからお願いいたします。
   Vector(ベクター)から
弊社サーバから

■グレードアップ

ダイレクトメールには、無償の「パーソナル版」と、有償の「プロフェッショナル版」があります。上記のダウンロードサイトからは、パーソナル版を入手することができます。

パーソナル版には個人的に使うのに充分な機能が用意されており、プロフェッショナル版にはパーソナル版よりも多くの機能が用意されています。パーソナル版をパソコンにインストールすると、31日の試用期限の間はプロフェッショナル版と同じ機能が使えます。試用期限が過ぎると一部の機能が使えなくなります。プロフェッショナル版の機能を続けて使いたい場合には、次の手順でプロフェッショナル版にグレードアップしてください。

ステップ1 現在のライセンスキーを取得します。詳しくは、LicenseToolのヘルプをご覧ください。
ダイレクトメールの実行ファイル(DirectMail.Exe)と同じフォルダにあるLicenseTool.Exeを起動させます。
ドロップパネルにDirectMail.Exeをドラッグ・ドロップするか、「参照」ボタンを押してDirectMail.Exeを選びます。
「現在のライセンスキー」欄に表示されたライセンスキーを保存しておきます。

ステップ2 グレードアップライセンスを購入します。
  プロフェッショナル版:税込み2,592円
弊社パーソナルプロダクト係に、グレードアップライセンスのご注文メールを送ります。これには次の項目をお書きください。
  お客様のお名前(例:今塩 夢太郎)
  お客様の電話番号(例:0294-28-0147)
  製品の名前(例:メール番)
  ライセンスの種類(例:プロフェッショナル版)
  数量(例:1本)
  金額(例:2,592円)
弊社からお客様に、お支払い方法をご案内するご請求メールをお送りいたします。
ご請求のとおり、グレードアップライセンスの代金をお支払いください。お支払いの後に電子メールでその旨をお知らせくださると、手続きがスムーズです。
弊社でご入金を確認しましてから、新しいライセンスキーを電子メールでお送りいたします。しばらくお待ちください。

ステップ3 新しいライセンスキーを設定します。詳しくは、LicenseToolのヘルプをご覧ください。
ダイレクトメールの実行ファイル(DirectMail.Exe)と同じフォルダにあるLicenseTool.Exeを起動させます。
ドロップパネルにDirectMail.Exeをドラッグ・ドロップするか、「参照」ボタンを押してDirectMail.Exeを選びます。
「新しいライセンスキー」欄に新しいライセンスキーを記入します。
「更新」ボタンを押します。

トップページへ
「製品・サービス」へ
「パーソナル製品」へ
「パーソナル製品/よくある質問」へ